アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
愉快な散歩或いは読書
ブログ紹介
人生たかが百年。血液型A型。うお座。
生来の怠惰、放蕩息子。好きなものは煙草と珈琲と読書と散歩。早く行って見たい場所は地獄なり。

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
日時計の天使
人さらひは顔がない、風のやうに。                       コクトー ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/03/02 15:54
時間の利用
床の間に亂雜に積んである本の中から                          堀辰雄 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/28 22:07
万華鏡
人間の天狗とは高慢なる人を指していふ語にて高慢の異名である                                        井上円了 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/02/03 00:30
指か手か
  荒々しく   奪ふやうに          ユリアン·トゥーヴィム ...続きを見る

トラックバック / コメント

2014/01/09 03:59
自殺志願
    僕がパンを食べないのは・・・                   モーム ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/12/16 00:07
万の反古
おぼえている人もあるかも知れないが                           金達寿 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/10/10 17:38
王國の、魔のリズム。
白秋の雀の生活は散文の詩でせう。・・・鳥類の中の雀を、大概の人は、地上の石ころ同様に思つてゐます。と詩人が書いて観察してゐる。彼は何処にゐて見てゐるのだらうか。庭に面した縁側からだらうか。小田原の散歩の道すがらだらうか。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/08/03 17:59
四月の馬鹿
ケイトが生まれ育つたのは、倫敦近郊にあるコンクリート造りのショッピングセンターと産業の町クロイドンだ。                                                           「ケイト・モス」より ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/04/04 02:41
Now And Then
或る料理研究家は、ラブレーの作品に出てくる料理に、其の一つ一つを解説してゐる。僕は、美食に何の興味もないのだけれど、・・・しかし、忘れてはならないラブレーの愉しみ方の一つとする。おそらく、人間は最後になつて酒や喫煙を愉しむのか愉しまないのかに尽きる。最後の選択。僕の祖母は季節外れの柿だつた。父は余命幾らと云はれても、更に数年も生きたけれど、最後には何も選択しなかつた。病室に寝てゐても彼は其のとき死ぬ予定ではなかつたからであらう。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/21 18:01
Even It Up
「高慢と偏見」の作者は、自ら進んで喜劇の分野に専心する。                                        Jean Raimond ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/03/08 16:52
Bye Bye
   毒薬。毒薬。またはじまつたな。                        武田泰淳 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2013/02/21 01:03
杭ノ響
I ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/13 16:47
夢のなかの暖炉の火はいつも暖かいのか
   ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/03 18:35
倫敦を読む
英國で往來で子供に突き當ると、子供の方から先に、失禮と謝る。                                           吉田健一 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/02 22:12
「密林通信」戯書
    わが家では本棚最上段を神棚とし                             高橋順子 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/12/02 00:11
日記を読む
《我々が日記や手紙や自叙傳を讀んで「面白い」とか「面白くない」とかいふ感想を述べることはあつても「よく書けてゐる」とかゐないかいふ批評を下すことは先づないと言つてもよい。》                                                      杉捷夫 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/30 23:09
東京を愉しむ地図
              電卓用の手とコンセントのぬきさし用の足よ                                         高野文子 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/12 11:51
本を読む
            大きな魚が小さな魚を食べる。                         ジェフ・ニコルソン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/11/05 13:32
月の光 他
トリオレの小説を読みながら、アンジェラ・カーターを連想する。彼女の印象は夢見る少女ではなかつた。夢見る人はゴーゴリである。彼は、最後に、発狂した。否、冷静に死を選択した。エルザ・トリオレもまた、最後は狂信的だつたかもしれない。其れを党派的と云つてもいいけれど、しかし、彼女の優れた資質はゴーリキーに還るかもしれない。露西亜文学の偉大な子孫とは誰も云はないだらうな。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/09/29 02:21
鴨長明 「新・書簡集」
それは東京に大地震があつて間もない頃                   甲賀三郎 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/07/16 23:19
空想の翼を
嗚呼思ひ出せばもウ五十年の昔となツた。                    嵯峨の屋 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/05/02 17:57
昔の知恵は今滅びてく
世には心得ぬことの多きなり              兼好 ...続きを見る

トラックバック 0 / コメント 72

2012/04/23 14:09
寡婦と年増と在りし日の歌
白髪の執事に案内されて            ジェイムズ・ヒルトン ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/04/01 00:25
逸樂の猫
「現在」がいふ 自分は「過去」だと                   ボードレール ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/03/01 00:42
To The Happy Few
退屈は最大の刺激剤。           セオドア・ローザック ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/26 06:40
冬日可以禦寒夏天可以敗暑
某月某日 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/17 11:36
Alone
中国宋代の偉大な山水画と西洋近代絵画との最大のちがいは遠近法の有無ではなく、その在り方にある。                                                 吉田秀和 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/12 15:05
The Ballad of Lucy Jordan
ヒッピイ・スタイルの少女達が                 埴谷雄高 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/09 11:50
Whole Lotta Love
顔が耳のあいだにはさまってるんだ                   安部公房 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/02/05 22:22
懦弱論
侍になりたる夢を繰り思ふ胸のあたりがえぐし朝から                          茂吉 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2012/01/28 06:36

続きを見る

トップへ

月別リンク

愉快な散歩或いは読書/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる